2006年02月23日

レッツノート春モデルキャンペーン
Es

 競合他社は出せども、レッツノートは出ないと思っていたので、一人で年末に仕事収めをしていたわけなんだが、レッツノートも春モデルを出す、ということで再び仕事。
 今回は一斉に全てのモデルが出揃うわけじゃなく、売れ筋のW4が一番最後の登場。なんか色々と事情があるっぽい。

 春モデルといっても、大きな変更点はない。
 何せ、ビジネスノートを謳い、余計な機能を一切排除しているのだから、効果があるのかないのか分からないような追加変更ができない。
 マイクロソフトとインテルから最新のパーツが発売されたら、すぐにそれを搭載するとしているのだが、今はちょうど新しいOSとCPUが発売される前と過渡期にあるわけで、あまり大きな変更がしにくい。
 一年以内には大きな変更がくることは、PCに少しでも詳しい人なら分かっていることで、買い控えが起こるんじゃないかな、というのは売り手となるオレの懸念。
 開発側のコメントとしては、冬の時よりも先行予約の状況は上々で、やはり春にPCを購入、という人は多くいるようだ。

 簡単に変更点。
 R4:耐久度「耐50kg」→「耐100kg」
 T4:軽量バッテリー標準付属
 W4:CPU「1.2GHz」→「1.3GHz」、光学ドライブ書き込み速度上昇
 Y4:光学ドライブ書き込み速度上昇
 以上。

 さしたる変更はないので、買い替え需要は起こらないと思われ。やはり、初めてノートPCが必要で、っていう状況かしら。既に持っている人は、買い換えるならば新CPUもしくは新OSが出たら、ってところか。
 とはいえ、搭載予定のCoreSoloに関しては、PentiumMとそこまで大きな差はない、とのことだし、WindowsVistaは高いグラフィック性能を求められるわけだが、オンボードのチップを使ってる以上そこまで大幅なグラフィックの強化は望めない模様。
 なので、PC市場が大きな変化を迎えたとしても、レッツノートが劇的な変化を迎えるかどうかといえば微妙。
 むしろ、スペックの向上よりも、ハードウェア面での強化がこれから更に進められていくことになると思う。

 常に改良は加えられていくのだろうが、オレとしては今出ているモデルで十分だと思う。
 現在使用中なのは、2005年冬モデル・CF−W4HW8AXR。
 モバイル目的ではなく、音楽を聴いたりとアプリケーションの多重起動している際は、若干力不足を感じることもあるので、メモリの増設くらいはしたいなぁとは思うけれども。


ヤンガン・ジャンプ感想
続きを読む
posted by sc at 18:03| Comment(1) | TrackBack(0) | 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月13日

運転免許
Es

 免許取得完了。
 これで行動範囲が一気に広がりますな。

 しかし、車を運転するのは楽しいんだが、移動手段にすると駐車料金がかかったりする諸刃の剣。出費は増えそうな予感。かといって、下手に路駐するのは好きではないし。

 免許の勉強をして分かったことは、世の中ルールを守らない人が多いなぁ、ということ。
 何せ、法定速度で走るオレの横をものすごい勢いで追い抜いていく車がいっぱいだし、駐車禁止区域には車が停まり放題だし。
 痛い目に遭わない限り、人は大丈夫だと思う生き物だし、倫理や道徳なんぞ、かかる手間の前には吹き飛んでしまうのかもしれない。だが、そういうルール違反を平然とする人がいる世の中ってのは嫌ですな。

 てな、わけで、オレは優良ドライバーを目指します。
 優良ドライバーがいいのではなく、優良ドライバーたらんとするだけでござい。結果としてついてくる、というか?

 まずは事故に気を付ける。人に怪我させたりするのだけは絶対に避けないといけない。

ジャンプ(No.11)感想。
続きを読む
posted by sc at 23:46| Comment(4) | TrackBack(0) | 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月09日

教習所
Es

 一月の半ばから自動車免許の教習所に通っている。
 今年は就職もするし、免許は学生のうちに取っておいた方がいいということで取りに行ったわけだが、実際に行ってみると車の運転の楽しいこと楽しいこと。
 趣味に、ドライブ、と書く人の気持ちがよく分かりました。とな。

 一月中から通っていたおかげか、教習は実にスムーズに進み、このまま順調にいけば来週中には免許持ちになっているはず。
 噂の通り、二月に入ってからは高校生の教習生が一気に増え、混雑の様相を呈してきている。狭い教習所内のコースを、教習者がぎっしり走ってる様を見ると、思うように運転できない苛立ちが伝わってくるかのよう。

 免許はMT車。
 AT車が9割を占める今、MT車免許を有していてもさして意味がないのではないか、という気がしないでもなかったが、値段的には微々たる差異だったのでMT車を選択。
 MT車は難しい、なんて話を聞いていたのだが、なかなかどうして、左右の足を別の動かし方をするのは骨が折れる。
 のだが、それも慣れてしまえばどうということはない。
 オレはあまり器用な方ではないけれども、順応力はそれなりにあるはずなので、一度慣れてしまえば問題ない。
 あとは経験を積むことに慣れること、くらいか。

 というわけで、二月三月は車に乗りまくる予定。


 ヤンガン、ジャンプ感想
続きを読む
posted by sc at 23:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月02日

アスカ見参!
Es

 およそ4年遅れで、「不思議のダンジョン 風来のシレン外伝 女剣士アスカ見参 ! for Windows」をプレイ中。
 なんで発売からこんなにラグがあるのかというと、2000年から2005年までは、ひたすら「風来のシレン2 鬼襲来!シレン城!」をプレイしていたから。途中他のゲームに手を出したりしつつも、実に長期間に渡ってシレン城を建て続けていたわけだ。
 別段飽きなかったので延々とやっていたわけだが、そろそろ新しいのに手を出してもいいだろうということで購入。
 何気に、オンラインサポートは終わっちゃってるわけだけどもね。
 ただ、オレがNINTENDO64とひたすら向き合ってる間に「トルネコ」「ドルアーガ」「ポケモン」と不思議のダンジョンは出ているんだが、あまりシレン以外のソフトには食指が動かない。あくまで「風来のシレン」がいいのだ。
 といっても、携帯ゲーム機と縁がなかったオレはゲームボーイ版風来のシレン二作にはやってなかったりと、ファンを名乗れるほどのもんではないんだけども。


 しかしこのゲーム。四年前のものとは思えないほどの出来。相変わらずの中毒性と絶妙なやり込み具合。条件付きダンジョンも多数ご用意しましたってんで、のめり込む要素は多数。
 しかも、コンシューマー機ではなくPCでプレイできるので、PC作業につまったら一プレイ、なんてこともできてしまう。
 逆に、息抜きが過ぎてしまう可能性もあるので、気を付けないといけない気もするけれども。


 オススメの一本、といっても大分前の作品なんで既にプレイ済みの方も多いだろうし今更か。
 未プレイの人はやってみることをお勧めしやす。
 せっせと積み上げたものが、一瞬の油断で崩れ去るスリルを是非。

ジャンプ(No.09)感想
続きを読む
posted by sc at 22:56| Comment(1) | TrackBack(0) | 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月24日

えもんが逮捕
Es

 ライブドアの堀江社長が逮捕された模様。
 一代でライブドアを巨大企業にまで成長させた勝ち組の象徴は、こうして地に伏したわけだ。

 不快感を持たれることが多い人物でもあるから、その逮捕劇の感想として、ざまあみろだとか当然だとか、そういう声も聞こえてくるわけだが。
 オレは別に、人の不幸をあざ笑う気にはイマイチならんので、なんとも感想をもらしようがないわけだが、一つだけ思うことは、そうまでして得たかったものは何なのだろうか、という点。
 ワイドショーを追いかけているわけではないので、堀江社長が違法行為を知ってやっていたのか知らずにやっていたのかどうかは詳しくは知らないのだが、そういった違法行為に手を染めてまで掴もうとしたもの、その全容を知りたいとは思う。
 人の行動には目的が伴うもの。
 その目的の置き方に問題があったから、こうして法に触れてしまったのかもしれないけれども。

 母親が漏らした。
「この人も可哀想ね。別に誰かを傷つけたってわけじゃないんでしょ? 買収した企業がどうなのかは知らないけれど」
 確かにそうではあるのだ。
 だが、それは直接の話。貨幣の流通量が同じなら、得をしている人の裏に損をしている人がいる。
 それが誰かを不幸にしたのかは分からない。誰かが幸せになっているのかもしれない。
 言えることは、法によって生活が守られている限り、その法に従わなければいけない、ということ。享受するならば、遵守の義務を果たすべき。
 当たり前でいて難しいこと。いつも心に刻んでおきたい。


 ちょっと真面目な話を展開したものの、流れをぶったぎって漫画感想。
続きを読む
posted by sc at 23:51| Comment(1) | TrackBack(0) | 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月07日

再開の漫画感想
Es

 年末が近づくにつれて、記事を書く回数が減っていったわけだが、それを反省して新年からはしっかりと書いていこうと思う次第である。
 四月からはしばらく、社会人日記、みたいになりそうな気がしなくもないが、それはそれということで。

 2005年中は、読んでいる漫画雑誌全ての感想を書こうと思っていたのだが、これがなかなかに大変。
 なにせ、漫画の感想を書くといっても、どこに何が載っていたか、ど忘れすることだってあるわけだから、雑誌片手に文章を書かなければいかず、これが意外な程苦労する。
 あまり広い部屋ではないのでしょうがない。

 今となっては、週刊少年ジャンプとヤングガンガンという、なんだかよく分からない取り合わせというか、なんでもっとメジャーな漫画雑誌にしないのか、というくらいヤンガンの存在が異様。
 オレも、なんで創刊からかれこれ一年以上買い続けているのかが謎。
 いやま、けっこう面白い漫画が多くやってるから、いいっちゃいいんだけどね。
 そういう意味では、サンデーの方が向いてるような気がするんだけど、不思議とサンデーは淘汰されていきました、とさ。

 ジャンプはこの先も続くとしても、ヤンガンは06年中には購読をやめるのだろうか。それとも、なんだかんだで、このまま07年を迎えても感想を書き続けているんだろうか。そこらへんは、神のみぞ知る、ってところですかね。

 抜け落ちていた部分にも言及しつつ、漫画感想
続きを読む
posted by sc at 23:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月13日

色々と忙しくなりそうで
Es

 既にばたばたとはしてるんだが、十二月の末まで忙しくなりそう。
 ま、詳細は追って連絡致します、といった感じだが、ともあれ師匠も走る季節にオレも走ります。

 先週も書けなかったし、今回もぎりぎりだし。
 一度サボりだすとずるずると遅くなるから、本当はなんとかしなくちゃなんだけどなぁ。
 先週なんて、ヤンガンすら買い忘れてたし。
 いやはや。


ジャンプ(No.49)感想。
続きを読む
posted by sc at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月27日

買物狂時代
Es

 大きな収入があったので、これを気にあれこれと物を揃える予定。
 第一弾として壊れていたポータブルCDプレイヤーを新調。ヘッドフォンと一緒に購入。

 明確に品物が決まってるのはPC関連のものが多い。
 ソフトだったりパーツだったり、色々。中でも最大の買物になりそうなのは液晶ディスプレイ。もう数ヶ月前から悩んでるのだが、とりあえず17型にするか19型にするかで本気で悩んでます。
 ま、オレはPCはワープロ程度にしか使わない人だし、17型で十分な気もするんだが、かといってどうせ買うなら、という心理が働いてしまうのもまた人の悲しい性分。
 誰か、トドメになる一言を下さい。


ヤンガン(No.21)、ジャンプ(No.)47、感想。
続きを読む
posted by sc at 23:47| Comment(3) | TrackBack(0) | 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月22日

風邪
Es

 九月末から十月頭にかけてかなりひどい風邪を引き、また風邪を引いた。
 今週の土日から新規でバイトが入っているので、風邪を引いてる場合じゃないと気合で治してみた。本気で治そうとすれば、数日でなんとかなるものらしい。ポイントはしっかり寝ること。

 ちなみに今回のバイト先は、前回と比べ立地条件に優れ、なおかつ話題性もある店(この段階で、分かる人は分かるだろうが)なので、どんなもんだろうかと思っていたんだが、とにかく忙しい。活気もあるし、店員の皆様もにこやかだし、大変働きやすくていい感じでした。
 ただ、メーカーの営業も慣れていないせいか、店のルールが把握できてなかったので、実際に入店するまではどきどきだった。ま、入ってしまえは後はいつも通り。適応力が高いのも一つの特技みたいなもん。一日目にして、もう慣れきってますからな。
 あと、土地柄か外国人のお客さんが多くて困る。英語がぺらぺらな人に助けてもらったりしながら、なんとか売り場に立っておりまする。

 そんなわけで、十二月の中旬まで、売り場に立つことになりそう。途中でクビにならなければ、だが。


ジャンプ(No.46)感想
続きを読む
posted by sc at 23:51| Comment(4) | TrackBack(0) | 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月14日

レッツノート・ライト2005冬モデル
Es

 この冬もまたレッツノートの販売員の仕事をすることになりそう。
 発売ぎりぎりまでスケジュールが決まらないせいか、お流れになる可能性もあるし、派遣される店舗が変わる可能性もある。今の時点では都内の某店。

 まだ研修を受けてないので、個人的な解釈になるが、今回のモデルで大きく変わった点といえば、R・W・TシリーズのHDDが40GBから60GBに上がったことだろう。
 夏の商戦では40GBでは少ないという意見が目立ち、それが理由で買い控えをする、という人が多くいた。オレの仕事は開発に反映させる市場の意見を汲み取る仕事だから、そういう意味では市場の声がダイレクトに反映されたことになる。
 前回の報告会では、「60GBにすると重量の面でかなりきつい」とのことだったというのに、重さを夏モデルと変えずに20GBのUPを無事に果たしてきた。開発チームの技術力と努力が垣間見える。
 それに、軽量には徹底的にこだわっているようだったから、「40GBのままでより重量を軽くする」という選択肢もあったはずだが、あえてそれをしなかったあたり、しっかりと自分ら販売員が伝えた市場の意見が開発陣に届いていて嬉しい。

 Yシリーズに関してはCPUの動作周波数が1.50GHzから1.60GHzに上がったところが大きな変更点か。
 元々HDDは60GBあったわけだし、Yシリーズだけモデルチェンジしないわけにもいかない苦肉の策、といったところか。他3シリーズと比べると、あまり魅力的な変更点にも思えない。
 とはいえ、14.1型でバッテリー駆動7時間、重量約1.5kgの基本性能を考えれば、モバイル機としての性能は十分すぎるものがあると思う。
 他、キーボードの印字がレーザー印刷されて消えにくくなった点が挙げられるが、他三モデルは既に導入済みだったので、変わったというよりは追いついたという感じ。

 その他、共通の変更点としては、五月に変更になったIEEE802.11aにあわせ、無線LANの規格がIEEE802.11a(J52/W52/W53)/b/gになった点。ネットワーク系に注目してる人はチェックしておけばいいんじゃないかな、と。

 ざっくりと特徴はこんな感じ。
 特に今回は、R・W・Tの三つにより人気が集まりそう。YはYで、相変わらず指名買いで売れていく感じになるかな。
 あと、レッツノートではないけれど、パナソニック純正のドライブが新しくなったので、RとTの購入を検討している人はチェックしておいて損はないかも。一回り薄く小さくなった印象だけど、その分使いづらいんじゃないかなと少し心配。でも、持ち運びはよりしやすくなったように思う。
 個人的には、やはりTシリーズが欲しい。どうすっかなぁ。


 ヤンガン(No.20)、ジャンプ(No.45)感想。

続きを読む
posted by sc at 23:55| Comment(1) | TrackBack(0) | 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月07日

Driver's High
Es

 お頭のひよりサマが運転する車に搭乗。
 運転席にいるだけで、心なしか頼もしく見える。これが普通免許持ちが放つオーラってやつかっ!!

 というわけで、市街地をぐるーり。

 しっかり者なくせに、肝心な所でボケをかますところは天然という、一粒で二度美味しい我らがお頭。
 緊張を減らず口で誤魔化しながらドライブは続く。

 油断していた夕方にそれは起こった。
 対向車線の車が右折するのを見て、交差点を右折するひより車。その瞬間
Es「今、後ろにもう一台いたんですけどっ!! ( ; ゚Д゚)
ひより「え? いた? 見えなかったけどー? ( ´ー`)

 車が右折したからいいものの、直進してきてたら直撃だったじゃない。
 しかも、直撃箇所は助手席じゃない?

 その時のオレの様子としては

         ,. -‐''' ' ' " " ¨¨¨ヽ
         (.___,,,... -ァァフ|      あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!
          |i i|    }! }} / /|
         |l、{   j}  /,,ィ / /|  『向こうから車が走ってきたんだ。しかし気づいたら
        i|:!ヾ、_ノ/ u {:}//ヘ        いつのまにか車は右折していたんだ』
        |リ u' }  ,ノ _,!V,ハ |
       /´fト、_{ル{,ィ'eラ , タ人    な… 何を言ってるのか わからねーと思うが
     /'   ヾ|宀| {´,)⌒`/ |<ヽトiゝ    おれも 何をされたのか わからなかった…
    ,゙  / )ヽ iLレ  u' | | ヾlトハ〉
     |/_/  ハ !ニ⊇ '/:} V:::::ヽ      頭がどうにかなりそうだった…
    // 二二二7'T'' /u'__ /:::::::/`ヽ
   /'´r -―一ァ‐゙T´ '"´ /::::/-‐  \   催眠術だとか超スピードだとか
   / //   广¨´  /'   /:::::/´ ̄`ヽ ⌒ヽ   そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ
  ノ ' /  ノ:::::`ー-、___/::::://    ヽ  }
_/`丶 /:::::::::::::::::::::::::: ̄`ー-{:::...   イ  もっと恐ろしいものの 片鱗を味わったぜ…


 こんな感じ。
 心臓がドキドキバクバク。

 しかしま、この間はお疲れの様子だったし、次第に慣れていくから次は大丈夫でしょう。或いは、オレが一人でびびってただけで、実際のところ大した状況じゃなかったのかもしれないし。

 ともあれ、運転ご苦労様であります。
 また乗せてねー。



ジャンプ(No.44)感想。
続きを読む
posted by sc at 23:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月02日

風邪っぴき
Es

 季節の変わり目ということで風邪を引いた。
 誕生日直後ということで、オレの23歳は風邪で始まったといっても過言ではない。
 なんかやだな、この響き。

 ちなみに病状としては、熱→鼻→喉→頭痛→咳(←今このあたり
 中学校のとき、健康そうに見える人クラス二位だったオレだが、見かけと中身は一致していないので、風邪引くときはもろい。

 健康は大切にしましょう、と。
 風邪ひくたびに思うことなんだがねw


ジャンプ(No.43)感想。
続きを読む
posted by sc at 00:44| Comment(4) | TrackBack(0) | 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月22日

電車男
Es

 オレはドラマは基本的に見ないし、電車男に至っては原作(というのかは知らないが元になったスレ)は読んだので、あんま興味はなかった。ただまぁ、なんだか視聴率がいいらしい、ということをちらほら聞いたり。

 そんな時、居間で電車男がやっていた。最終回らしい。
 今まで見ていたわけでもないのに、なんとなくで父と母が見ていたのでその横に座る。
 すると飛んでくる質問。
「毒男って何? スレって何?」など、およそ聞きなれない単語について、一通りの説明を求められる。大体からして、2ちゃんねるのことすら知らない二人に、どうすれば噛み砕いて理解してもらえるかは骨の折れる作業だった。
 エルメスとくっついた電車に住人たちが「もう来るな」と言ってるのを、ただのひがみじゃないと非常に素直な感想を残す母、1000まで埋まりスレに別れの言葉が溢れ返った時も、別にこのあと電車男2を作ればいいじゃねぇかと父。

 まぁ、詳しくない人からすれば、こんなもんなんだよな。実際、オレも2ちゃんねるに関しては、ほとんど分からないし。だから余計に説明に苦労するわけで。
 視聴してる人は、2ちゃんねる独特の表現を理解した上で見ているんだろか。
 それとも、予想以上に2ちゃんねるというか、集合掲示板は世間一般に浸透してるんだろうか。

 どちらにせよ、最終回だけ見たもんだから、我が家の中では「感動も何もしない」の母の一言で両断された。
 世間でどういう評価をされてるのかは知らないけれど、電車男自体は別に感動する話でもないんだよな。あれは、掲示板における人と人の輪であるとか、オタクの成長物語であるとか、そういう言葉の方がしっくりくる。

 ま、昨今の「萌え」の台頭といい、オタク文化が世間に浸透しつつあることの証明みたいな番組でした。


ヤンガン(No.19)、ジャンプ(No.42)感想
続きを読む
posted by sc at 23:52| Comment(1) | TrackBack(0) | 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月21日

FINAL FANTASY VII ADVENT CHILDREN
Es

 見た。
 厳密には発売日に見てたんだが、感想を書くに値しないような気がしていたので放置。
 田代のテーマを聞くために何度か見てるうちに、とりあえず感想を書いておこうと思い、今に至る。
 正直、FF7の内容なんて、ほとんど覚えてなかった。
 覚えてたのは、エアリスが後ろからぐさりと、クラウドがソルジャーじゃなかったことと、ヴィンセントの過去話くらい。
 ヴィンセント絡みの話は、けっこう印象深い。セフィロスとの関係とか。
 あとは、時系列ぐちゃぐちゃでちょっとずつ覚えてる程度。
 なもんだから、キャラに対する思い入れはほとんどない。
 大体、一度しかクリアしてないのもFF7だけだしなぁ。FF8ですら、初期値レベルクリアのために二回やった。
 それでも、キャラのその後含めて、ゲームの続編が出るとなれば楽しみにしてしまうわけで。

続きを読む
posted by sc at 16:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月15日

合宿と選挙
Es

 金土日とサッカーの合宿に行ってまいりました。
 帰ってきてからこっち、明らかに体調が悪いんですが、やっぱ合宿のせいでしょうかね。

 大体、夜を徹して飲んで、寝ないまま次の日に試合をして、そのまま夜になって飲んで、ということを繰り返せば、そりゃ体調を崩すというもの。
 何度戻したかは良く覚えてないんだが、何故か妙にハイテンションになって気が付けば朝。後輩と一緒に朝風呂入って徹夜確定、という。

 飲みの風景は今までと大差変わらず、面子が変わってもやることが同じで、幸せなサークルだなぁ、としみじみ思ってまいりました。
 大体、遠路はるばるやってきたOBが全身落書きだらけにされて、尻丸出しにしてオロナミンCの空き瓶突っ込まれてるんだから、これで笑わない方がどうかしている。手の甲には竜の紋章が宿ってたし、何故かすね毛にギャランドゥとか書かれてるし。まぁ、オレもくるぶしにナイキのマーク書いて、もみ上げをルパンにして、眉毛つなげて、鼻を仮面ノリダーにしたので、やってないっちゃ嘘になるんだがね。
 後、背中にマネージャーのサインが入ったまま寝てる後輩もいたなぁ。

 ちなみに、宿の親父は終始ぶち切れまくり。二階貸切だったんだが、酔って一階で寝てる奴がいるからと呼ばれたり、真夜中だってのに働くには困らない状況だった。
 後、実は風呂の時間が夕方から夜と決まっていたらしく、朝風呂していたら宿の親父に怒られました。それだけで後輩と二人で大爆笑だったんだが、笑うのはオレと後輩が怒られたことを知らず、別の後輩が風呂に入って宿の親父に怒られ、を都合三回繰り返してたこと。その度に、親父ぶち切れ、オレら大笑い。

 そんなわけで、楽しい合宿に参加してきました。ま、当時は頭が割れるように痛く、二度と合宿など来るか、と思っていたわけで、喉元過ぎれなんとやら。

 選挙は合宿に行く前に期日前投票で参加。
 別段、政治的な思想を持ち合わせてはいないんですが、現状を打開するべく新たな風は必要だと思う。そういう意味で、現政党は長々と居座りすぎだと思うんですがね。
 あと、あんま関係ないことだけども、改革とか他と違うことをとか今までに無いことをとか、声高に言う人はあまり好きじゃあない。政治に関わらず、対人関係においてね。自分が持ち合わせている特別性を唄う人間こそ、真にくだらないと思うのは、オレもそういう節があるからかもしれない。人は自己嫌悪と自己陶酔に陥りやすいものだから。
 ま、単に個人の嗜好の話なんですがね。


ジャンプ(No.41)感想
続きを読む
posted by sc at 13:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月08日

台風一過
Es

 台風が来てて危ないという名目で家に引き篭もっていたら、進路が変わって暴風域があっさり遠のいたせいかただの引き篭もりになってしまいました。こんばんは、Esです。

 大体、この枕も元はオレが多用していたような気がするんだが、気が付けばお頭の挨拶の代名詞みたいになっててちょっとご不満。
 ま、今更使いやしませんよ。
 第一、オレのHNは短すぎて語呂悪いし。


ジャンプ(No.40)感想
続きを読む
posted by sc at 23:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月05日

台風
Es

 我が家は犬を飼っていて、朝晩の散歩が欠かせない。
 外をぶらりと歩いたりするのには重宝して、つい家の中に引き篭もりがちな生活に、新鮮な風を吹かせてくれる。

 ただ、お犬様のお散歩は雨だろうが雪だろうが雷だろうが、台風だろうがやるわけであって、昨日今日のように大雨洪水警報が出ていようと行かなければならないわけだ。
 もちろん、台風が上陸した後も散歩に行く。
 今日より明日、台風直撃の中散歩に行くのは大変。

 台風直撃前でさえ、いい感じにずぶ濡れだったというのに。


ヤングガンガン(No.18)感想。
続きを読む
posted by sc at 23:55| Comment(3) | TrackBack(0) | 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月01日

内定者会
Es

 初の会社の内定者会に行ってきました。
 内定貰ってからこっち、反応がたまーに来るメールだけだったので、ちと会社に対して不安感を抱いていたんだが、これで少しはまた会社への期待のようなものを持てるのではないかと思い、8月中は絶対にスーツを着ないという、「=バイトをしない、働かない」につながる決意を破り参戦。

 内定者会といっても、会社の割と若い世代の人々とお喋りをしてくるといったもので、要は業務を詳しく知ろう、といったもの。
 オレは企画なので、企画の人の話を聞いていたのだが、広告会社と言いながら仕事はそこまで大変ではなさそうな、そんなオーラが漂う。むしろ、大変そうなのは営業。人が多いのも営業。企画配属で今回の内定者会参加はオレ一人だったので、同期の人がどうなるのかはちと不安。変な人だったらどうしよう?

 今回は数回あったうちの一つだったので、まだ全員とは会っていないのだが、広告会社といっても明らかに生きている次元の違う人々ではなかったので、ほっと一安心。

 あと、どうやら普段はスーツを着る必要がないみたいなので、そこは救われるかな、と。

 次は十月下旬に内定式。その前に一度、内定者で飲もうと計画を立てたので、それも楽しみにしておく。


 ジャンプ(No.39)感想。
続きを読む
posted by sc at 23:51| Comment(3) | TrackBack(0) | 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月28日

COMITIA73
Es

 またもやコミティアに参加。
 ぐりぐりと書き殴っただけの本を作るのもこれが三回目か。
 何気に表紙の色を考えたりするのが楽しい。

 のだが、今回は残念なことに原稿が間に合わなかった。完全に自分の計算ミス。構想を練った段階で、短編向きの話じゃないことに気づけよコノヤロウ。
 一週間前からちまちま書き始めて、これはまずいと思い始めたのが前々日。なんだかんだで予定が詰まり、前日はほぼ一日中かけ徹夜までしたものの、残念ながら開場の11時に間に合いませんでしたよ。
 しかも、結局出力も含めて完成したのは一時近くで、会場に到着した三時近くには仲間たちは既に撤収した後。
 見事なくらい読みが外れてしまった。次からは、選ぶネタを含め、しっかりと計画的に書き始める必要がありそう。

 とりあえず今回の敗因は、一発ネタの短い奴、という前回・前々回のコンセプトを、気が付いたら捨てていた、というところだろうか。
 初志貫徹。中編くらいの話が書きたいなら、別で書けということを肝に銘じ、次回に備えることにする。

かなーり遅くなったけれどヤンガン(No.17)とジャンプ(No.38)の感想。
続きを読む
posted by sc at 23:32| Comment(3) | TrackBack(0) | 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月11日

海水浴
Es

 数年ぶりに海に行ってまいりました。
 楽しい思い出と共に残ったのは、ひどい日焼けのあと。

 生まれつき肌の白いオレにとっては、直射日光は天敵なのでございます。
 これでも毎年サッカーの夏合宿で焼いていたものの、肩はユニフォーム着てるから露出してないんだよね。
 そんなわけで、数年ぶりに両肩をお天道様の下で晒してみた結果、真っ赤も真っ赤。火傷したみたいな状態になりました。
 痒いけどかけば痛いしで、もどかしい日々を送っておりますぜ。

ジャンプ(No.36・37)感想。
続きを読む
posted by sc at 00:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする