2007年12月16日

ジャンプ08年02号感想

 待てども待てどもイラストは完成せず。このままだとまた週をまたぐので、今回は感想のみ。


■K.O.SEN
 なんだろうね、これは。
 「K.O.マサトメ(タイトル的に)」と「ウルトラ・レッド(主人公の名前同じ)」と「HANDS(ハンドやらなかったハンド漫画)」と「キックスメガミックス(キックじゃなくてテコンだが)」を足して割り切れてないような、そんな感じ。
 主題のスポーツよりキャラクターの個性を優先して終わったHANDSと同じニオイがどうしてもするんだが、とりあえず次回に期待するかなぁー。

■ワンピース
 ルフィと同じ方法で影を取り込んで、モリアがパワーアップ。ルフィの100体を大きく越えて、1000体の影を取り込んだモリア。まさに最終決戦。
 この方法があったかぁ、って感じ。これなら確かに、ルフィの時と同じように、力尽きた段階で影は全て解放される。モリアも大作RPGのボスみたいになってるし、まさに最終決戦にふさわしい戦い、って感じですな。
 しかし、くまの動向が気になる。

■ナルト
 ペインの正体を解くヒントはこれで終わり、ってところなんだろうか。
 相手が過去に戦ったことがある忍者の身体を使って登場する、ってことなのか? それとも、ただ単に自来也が長門の師だから、ということなのか? 例えば、ナルトがペインと戦うとすると、あの6人の面子は変わるんだろうか。
 結局、ペインの正体は分からないまま自来也はリタイヤ。
 次、ナルトが自来也の仇としてペインと対峙した時は、倒した一人分の穴を自来也ペインが埋めていそうな気もする。

■サイレン
 2話目にして雨宮再登場。
 しかも、日本刀少女になってた!
 制服+日本刀+眼鏡という、一部のコアなファンが喜びそうな組み合わせだけども果たして。そういえば澪も日本刀使ってたけど、あれは武器というよりは術の道具として使ってた感じだったしなぁ。
 話の流れは、サイレンの入口、を目指すということに。
 ということは、サイレンにはまだ着いていない、ということか。雨宮が言ってた「ゲームクリア」が、サイレンに辿り着くことなのかサイレンに辿り着いた先のゴールなのかは分からないけれども。
 とにかく、謎が謎を呼ぶサイレン。
 次週も楽しみだ。

■ハンター
 見事に10週が終わった。
 突入から10秒くらい? ゴン対ピトーか、王対会長のどちらかが決着つくかと思っていたよ。
 さて、次戻ってくるのはいつになるんだろねぇ。後ろのコメント見る限りは、やる気はあるみたいだけれど。気長に待ちますか。
 本編自体は、いよいよ対決、ってところで終わった。
 結局、王とプフの能力が判然としなかったな。ピトーはほぼ分かってるし、ユピーも変形が能力なんだろうし?
 王は食うだけの能力ってこともないと思うんだけどなぁ。この場合、どれが「発」に当たるんだ?
 プフはこれまでの流れで、「洗脳」と「能力開花」があったわけだけど、本質的な能力そのものは違うような気もするし。
 まぁ、そのあたりのことも再開待ちか。長いなw

■ネウロ
「貴様の敗因はたった一つだ…DR…」
「たった一つの単純(シンプル)な答えだ……」
「貴様は我が輩を怒らせた」
 そんな感じ。
 さらばDR、龍(の角笛)を操りし男よ。


 そんな感じ。
 来週はイラストがあると良いなぁ。
Es
posted by sc at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック