2005年02月21日

RO価格を予想する。

最近、転生が導入されましたね。
新機能実装は毎回ワクワクします。
それがたとえ1Dayでたまにプレイする身であっても。

こういう新パッチの時、新機能の他に
もうひとつ気になるものがあります。
それが価格の動き。
なにぶん、転売業の経験があるのでどうしても身体が反応してしまいます。将来の動き次第でどう変化が起きるのか、慣れれば結構誰でも予想できるもんです。

では予想。新カード実装により下記の変化が起きると推測される。
(情報元:OWN RAGNAROK様)

○鎧系s防具価格が上昇
 新カード機能の中でも、最も目立つのが鎧用カードの充実ぶりだ。一定の条件をこなす事で敵に高確率の状態異常を起こせるのが特徴。今後、プレイヤーの防御方法が豊富になるのは間違いない。廃プリのアスムプティオからしても、これからはさらに敵の攻撃力がさらに増す時代が来るのではないか。
 また、状態異常Cで必要とされる条件に、別Cとの併用がある。人気のある効果を得る為に、併用Cの値段もある程度あがるだろう。並オススメはスケルトンCだ。
 ただし、トレインをするなら、スタンや睡眠は邪魔。敵の属性攻撃の時代が厄介になれば、鎧Cは状態異常Cか属性Cのどちらかを選ぶようになるだろう。

○三減盾
 現在主流の、タラ盾・クマ盾・兄貴盾。これに新たに比較的手に入れやすいカードが増える。ペノメナだ。効果は無形Mobから3割減、これは大きい。無形と言えばスティング・アラーム・クロック・時計塔管理者・ライドワード・ミミック・ラヴァゴーレム・血騎士・嵐騎士・魔剣 ……と厄介者が目白押しである。ペノ盾はこれからのプレイヤーに必須Cとなるだろう。

○ウィスパ優位は微妙に落ちる
 肩にかける用Cでは、ウィスパCの代わりになるモノが非常に目立つ。その数なんと7枚。だが良く見ると中ボスCが多く、その殆どがレア中のレア。実際はさほど価格に響く事はないだろう。
 面白いのが、彷徨う者C。ソロでは意外と面白いかもしれない。でもPTプレイではやっぱりウィスパ必須か。

○ある程度フェンクリが下落
 フェンCの代わりとなり得るのが、パピヨンCだ。違いはフェンより詠唱が遅くなる代わりにFWが強力になるというモノ。これなら十分フェンの代用として使える。したがって、フェンクリは値下がり必死かと思われる。

○属性鎧C
将来、属性防御Cの高騰する日はいずれくる。いつくるかは不明。
Mobの属性攻撃が厄介になった時が、まさにそれだろう。

○価格変動のタイミング
おおきく価格が変動するタイミングは、あくまで実装後。リアル市場は発表の時点で値動きするらしく、この辺は現実と違う点か。


いままでの、並の将来予測内容自体は概ね当たってきたが、時期的な予想は難しい。昔、s装備が高騰する時代を見越してsマフラーをしこたま買い込んだ。しかし、時期が来るまで待てず処分して欲しいものを購入。数ヵ月後、s装備がじわじわと高騰。チクショウ。
今でも属性Cの時代を見越してカートに、安Cを取り揃えている。そろそろ時代が来てもいいはず…。

ちなみに並が転売を経験したのは課金直後一ヶ月ほど、理由はINT装備が必要だったからです。当時、INTをカンストしててもINT装備が無いとロクな支援ができませんでした。最初の資金を元手に毎日資産を約1.7倍にするペースで稼いでた記憶があります。装備がないと狩りにならんから、そりゃもう必死必死。


さて、随分夜更かししてしまいました。もはや脳が動かないので誤字のチェックが出来ません、その辺は貴方の脳内補完でヨロシクぅ!(コラ


posted by sc at 05:45| Comment(0) | TrackBack(0) | RagnarokOnLine | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック